いきーきーの日記

2016年に社会人デビュー。だが、一年で辞めてしまう。鬱っぽいのと向き合う日々。ガチでリアルな日常です。転職活動中です。

本当の私2🈲 残念な過去

さてさて、続きね。よーく覚えすぎたよね。後で成功とかこっかな笑

 

*中学校〜高校*

•親に、塾には入れと言われた。テストを受けに言ったら、普通の、小学生で理解できるレベルに達していないと言われたのを覚えている。小学校の時も、塾に行ってたのにね。

•小学生から続けてた吹奏楽部に入る。でも、その楽器は実は変な癖があって、先輩に、相当努力しないとダメだよ、と言われて、ハイと言った。でも、努力が、足りなくて、結局、中学から始めた同じパートの子に負けた。

•塾にも行ってたのに、テストでは赤点。不良と居残りをさせられた。

•小学生から、習字を習っていたが、中学校になっても綺麗にならなかった

•中学校までの友達で、今も仲良く、よく話す子は、いない

•高校では、運動部に入った。私は水泳等もできたので、自信があった。でも、周りの差は凄くて、体調が悪いと誤魔化したりした。

•部活決めの時、朝が嫌すぎて、朝練のない部活を選んだ。

•高1の時、友達を作るために、話しかけられたら、陰キャラの友達初めてだわ〜と嫌がられた

•テストで赤点をとり、夏期講習にいく。

 

何事も上手くできないのが、自信のなさに繋がってるよね。そして、小学生の時に、相手に合わせることを選んでしまってたから、自分がないんだ。

 

もちろん、良いこともあったけど、今度書くから。

 

次回へ続く